TOP ゲストハウス なみトみなととは? 宿泊 予約はこちら Reservation 空室状況 Availability なみトみなと

《モニターツアーレポート》

しまなみワーケーションツーリズム
ヘルス編 2022.11.17-20

Monitors Profiles

 

関森 渉 さん

千葉県在住
グラフィックデザイナー

デザインの力でよりよい社会づくりを応援するデザイン事務所、NPO法人Co.to.hana(コトハナ)に籍をおいています。コロナ禍になってから基本的にリモート勤務のため、どうしても視野が狭くなりがちでした。そんな中、知人からモニターツアー参加に誘われ、社会課題解決につながる発想や、デザインセンスを養うための刺激を得られそう!と魅力を感じて参加いたしました。平日の勤務後に移動し、しまなみで朝を迎え、早朝サイクリング後のオンライン朝礼で「いま瀬戸内海が目の前です」と伝えました。

 

こんな一日を過ごしました!

小さな発見がたくさん!五感で楽しむワーケーション

 

 

到着日の翌朝に、オンラインでプレゼンテーションが入っていました。アイスブレイクを兼ねて、目の前に広がる大海原を画面越しにお客様にお見せしたところ、「わー綺麗!」「すごい景色!」と嬉しい反応が返ってきて、和やかに発表が進みました。普段は誰もいない家で一人作業をする毎日ですが、他の参加者の気配を感じながら、そして海の景色にも癒されながら、集中して仕事を進めることができました。インターネット環境や電源設備も最適でした。

 

 

自転車のまちということで、業務の合間にはサイクリングを楽しみました。実はサイクリングはちょっと自信がなかったんです。ただ、スタッフの方が先導してくださり、思った以上に快適に走れました。道を辿っていると、レモンの香りがして、少し進むと「レモン畑」があったんです。こんなに自然の香りを感じられるんだと、自転車にはまりそうです。

 

 

週末に体験したシーカヤックも印象に残っています。湖でのカヤックの経験はあったんですが、瀬戸内の海を贅沢に楽しむ体験でした。小島に上陸しましたが、瀬戸内は有人島もたくさんあり、その島の暮らしぶりをガイドの方から伺うなど、興味心を掻き立てられるものばかりでした。サンセットを迎える時間も最高で、もっと深く、長く体験してみたいと思いました。

 

 

一番の収穫は「自然食」の講座と食事です。「食」や「農」に関心はあったのですが、お話の内容が、自分の生活におきかえながら、素材選び、調味料、調理法などに踏み込んでくれて、「ストン」と落ちました。この滞在をきっかけに、天然出汁をとるようになりました。本当においしい!自分の食生活を振り返るきっかけをいただけて、感謝しています。

 

 

日常とは違う場所でのワーケーションには仕事につながる新たなヒントが見つかる、そんな実感はありました。それ以上に、今回の滞在は、日常のライフスタイルを大きく変える機会になったことが驚きです。スタッフや地域の方々、そして同じ時間を過ごした方との関りは、仕事を含めた人生そのものの充実させるエネルギーになりました。

 

 

 

関連記事

  • なみトみなとってどんな宿?

    「なみトみなと」とは?

    ゆったりのんびり過ごす
    海近くのゲストハウス

    続きを読む
  • しまなみサイクリングQ&A

    しまなみサイクリングQ&A

    しまなみ海道×自転車旅の
    よくある質問をまとめました

    続きを読む
  • バスの時刻表と停留所

    バスの時刻表と停留所

    今治駅~なみトみなと
    バスでのアクセス情報

    続きを読む